東海協和株式会社は、名古屋港において、沖縄、北海道等への運輸・輸送、輸出入・通関業務を万全の体制で提供。また中古コンテナの販売、タンクコンテナの加温・洗浄、危険品の保管まで含め、海運業務の全てをワンストップで実現します。

トピックス

Topics

新年のごあいさつ

2018.01.05 

 新年あけましておめでとうございます。

 

 昨年は格別のご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

 一昨年から昨年にかけては、コンテナ船各社の合併・買収やアライアンスの改変

が相次ぎ、歴史的な変革の年となりました。また、邦船3社の定期コンテナ船事業の

統合会社「ONE(OCEAN NETWORK EXPRESS)」が設立され、いよいよ本年4月

より実際に運営がスタートいたします。

 現段階において、このような一連の動きが港湾業界にどのような影響を及ぼすか

不透明な部分もあり、若干の不安材料は残っております。しかしながら、世界経済

の緩やかな持ち直しや、2020年開催の東京オリンピック/パラリンピックに向けた

内需拡大が想定され、今年は好調な一年になるものと推測されます。

 

 一方、当社に目を向けますと、マルエーフェリー株式会社様による沖縄定期航路

(東京→名古屋→志布志→那覇の区間)の就航が決定され、本年2月よりサービスが

開始されます。名古屋港発着の沖縄定期船航路が撤退して十数年ぶりとなるサービ

スの復活を心から喜ばしく思うと同時に、これを機に、名古屋→志布志間を利用し

たモーダルシフトの推進等、皆様にご提案できるサービスを幅を広げていけるもの

と確信しております。

 

 本年も全社一丸となって、皆様にご満足いただけるサービスを心がける所存でご

ざいます。今後とも何とぞ相変わらずご愛顧を賜りますよう、心よりお願い申し上

げます。

 

 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

代表取締役社長 小山 登司雄