東海協和株式会社は、名古屋港において、沖縄、北海道等への運輸・輸送、輸出入・通関業務を万全の体制で提供。また中古コンテナの販売、タンクコンテナの加温・洗浄、危険品の保管まで含め、海運業務の全てをワンストップで実現します。

トピックス

Topics

新年のごあいさつ

2017.01.05 

新年あけましておめでとうございます。

 

昨年は格別のご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

 名古屋港の平成28年度上半期の総取扱貨物量は、熊本地震などの外的要因も影響し、

輸出入ともに前年実績を下回る結果となり、総じて力強さに欠ける状況で推移しました。

 一方、昨年の海運業界においては、船会社の合併・買収やアライアンスの大幅な改変が

行われ、歴史に残る激動の一年となりました。これらの出来事は、今年の我々港湾業界に

大きな影響を及ぼすと思われ、特に今年4月からスタートする新アライアンスの動向につ

いては、弊社にも大きく関わってくる問題ですから、常に変化に対応できるように体勢を

整えておく必要があります。

 

 今年も「激動の年、我慢の年」になると思われます。そのような情勢のなか、弊社にと

っては平成27年4月にスタートした中期経営計画の最終年度という重要な一年となります。

本年も全社一丸となって、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、

何とぞ相変わらずご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

以上をもちまして、新年のあいさつとさせていただきます。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

                          

                          代表取締役社長 小山 登司雄