東海協和株式会社は、名古屋港において、沖縄、北海道等への運輸・輸送、輸出入・通関業務を万全の体制で提供。また中古コンテナの販売、タンクコンテナの加温・洗浄、危険品の保管まで含め、海運業務の全てをワンストップで実現します。

採用情報

Recruit

コンテナ船の作業プランナー

仕事内容

コンテナ船の作業プランナーの仕事内容

要約すると、コンテナ船の「入港→輸入コンテナの降ろし→輸出コンテナの積み込み→出港」まで一連の作業工程を管理する仕事です。

しかしながら、コンテナ船の入港スケジュールの把握、輸出入コンテナの本数等把握、積み降ろしに関する作業工程の作成、現場作業スタッフの手配、船長との打ち合わせなど、手配及び打ち合わせ等しなければならない業務は多種多様です。

名古屋港における一大物流拠点の最前線での仕事は、責任は大きいですが、その分やりがいや仕事の楽しさも感じられる職場です。

 

 

仕事の楽しさ/やりがい

コンテナ船の作業プランナーの仕事の楽しさ

コンテナ船の作業プランナーの仕事への使命感

貿易における“日本の玄関口”で働いている雰囲気が楽しいです。全長数百メートルのコンテナ船から、大型荷役機械を使ってコンテナを数百本も積み降ろしをするという規模の大きさは、他では味わえないと思います。

また、自分がプランニングした作業工程が予定通りに終わり、船の出航を見届けたときの達成感も大きいです。

他部門との連携が非常に大切になる仕事です。例えば、現場作業スタッフの手配は「現場作業スタッフの手配・管理」を担当する部門と、コンテナの搬出入に関する確認等は「コンテナの管理」を行う部門と連携をとっていきます。
社内の横のつながりができてくる点もこの仕事の楽しさだと感じています。

周りの方もしっかりとサポートしてくれますので、本当に働きやすい職場です。

 

 

担当部門からのメッセージ

コンテナ船の作業プランナーからのメッセージ

貿易が好きで、港で働きたいという人にはぜひ来てほしいです。未経験でもしっかりとサポートしますし、他の業者の方も親切なので、働いていて楽しい環境だと思います。

また、仲間の失敗を見逃さないため、課員全員でお互いをカバーしあえる体制が整っています。

責任の大きい仕事ですが、やりがいもあり、みんな笑顔で仕事しています。
興味のある方はぜひエントリーしてください。